遺族年金と生命保険

厚生年金、国民年金、共済年金のどれかに加入していた世帯主が死亡した場合

厚生年金、国民年金、共済年金のどれかに加入していた世帯主が死亡した場合、残された家族は、年金による保障を受けることができます。これを遺族年金と言います。どのような年金が受給できるかは、亡くなった人の職業によって変化します。また、家族構成や奥さんの年収、未納金の大小により、必ず支給されるとは限りません。生命保険に入る前に、自分に万が一のことがあったときに、遺族年金がいくら支給されるのかを知ることはとても大切なことです。なぜならその金額によって、生命保険の保障額を考えることになるからです。遺族年金だけで、残された家族が生活できるなら、生命保険の保障額は少なくて済みます。

しかし、遺族年金が受け取れないとなると、生命保険の保障額を充実したものにする必要が出てきます。このあたりの事情は、生命保険会社のセールスマンやセールスレディは教えてくれません。また一般的に会社員よりも自営業者の方が、遺族年金の額は少なめです。つまり会社員より自営業者の方が、生命保険の死亡保障額を充実させる必要があります。






医療保険の検討を考えたならばどうやってであった保険のアドバイザーと相談しようと考えていますか。どんな立場でアドバイスをしてくれる人なのかは気にしましょう。詳しい人などに見直しや見積もりなどを依頼してみるのもいいことです。-

保険の競争が進んだことで商品別の保険の比較ができるようになりました。価格破壊のの保険も可能になりつつありまする保険選びは苦労するのです。そう思うことです。どの保険とどの保険とを組み合わせるかというやり方が結構簡単に見つけられます。保険見直し本舗などの保険ショップも試してみることです。-

次を読む≫