必要保障額の計算

生命保険の必要保障額はどのように計算するのでしょうか

生命保険の必要保障額はどのように計算するのでしょうか。死亡した場合の必要保障額を考えてみましょう。必要保障額は、「遺族の支出」から「遺族の収入」を引いた額で計算します。遺族の支出には、生活費、住居費、子どもの学費、葬儀費用などがあげられます。遺族の収入には、配偶者の収入、遺族年金、企業保険、株などの資産、不動産収入が含まれます。ただし、注意したいことがあります。保障金額は、時間の経過とともに変化するということです。配偶者が再婚するケース、生まれた実家に戻って生活するケースなど、将来的に生活環境が変化する場合もあります。その変化を、現時点で考えなければなりません。自分が死んだ後に家族はどこで、誰と、暮らすのでしょうか。

収入はあるのでしょうか。このあたりの計算は、一般人の知識を超えている部分が多いことでしょう。将来の設計はファイナンシャルプランナーの得意分野ですので、お悩みの方は相談してみるのも得策かと思われます。






火災共済に自動車共済、そして生命共済。共済には色々な分野のものがあります。それぞれの共済商品の内容はもちろん違います。共済はこのように考えることが大切なポイントです。それぞれの各共済の商品プランは比較してから保険を決めましょう。-

生命保険の保険相談をしている会社もあります。無駄のない生命保険を設計し組み立てていくことは簡単ではありません。生命保険は契約期間の合計額で計算すれば個人の家計支出では住宅購入に次ぐ金額といわれている保険料総額になるもので、また自分や家族の一生の生活についての保障をするものなので選択では迷ってしまうのです。だから保険の専門家に保険相談を頼むことが必要です。-

次を読む≫