住宅ローンと生命保険

マイホームは一生で最大の買い物です

マイホームは一生で最大の買い物です。そのため住宅ローンは、高額になることが多く、返済期間も長期にわたります。返済期間中に、万が一のことが起こるケースも想定できます。そんな場合のために、住宅ローンに付帯する生命保険があります。 この生命保険は、「団体信用生命保険」と呼ばれています。「団信」と略される場合もあります。住宅ローンの返済期間に死亡、高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社が住宅ローンを返済するというものです。銀行などの金融機関が利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安い特徴があります。 もし、この団体信用生命保険に加入していない場合、世帯主が死亡すると、残された家族が住宅ローンを返済することになります。

返済能力がない場合、マイホームを手放す恐れもあります。遺族が安心して住み慣れたマイホームで生活するために、団信はとても重要なものとなります。生命保険の見直しをする場合の保障額計算は、この団体信用生命保険を加味して計算するようにしましょう。






駅の近くの商店が立ち並ぶ一角などでも保険についての窓口を開いた保険の店舗が当然にあるようになってきたようです。様々な保険代理店が一斉に保険ショップの展開を始めているようです。保険や学資保険を選択するのは大変です。生命保険店舗。保険ショップで保険相談を受け付けてくれます。-

無料でファイナンシャルプランナーと面談できる生命保険無料相談サービスが広がっています。ガン保険医療保険、そして生命保険はどのような人と相談をしていくのでしょうか。どんな考え方で話してくれるのかはちゃんと考えましょう。生命保険無料相談サービスについても検討しましょう。生命保険に入るにあたっては良く考えることがいいのです。FPで生命保険。-

次を読む≫