生命保険の更新

生命保険のうち、終身保険には満期という概念はありません

生命保険のうち、終身保険には満期という概念はありませんが、定期保険には、満期があり、更新があります。定期保険が満期となると保険契約はどうなるのでしょうか。定期保険の場合は、保険約款にもとづいて、自動的に更新される場合が少なくありません たとえば、「ご契約者から保険期間満了の日の2週間前までに更新しない旨の申出がない限り、被保険者の健康状態にかかわらず、保険契約は自動的に更新されます。」となっている場合が多いようです。しかも、この場合、払い込む保険料は高くなっていくのが一般的です。つまり自動更新されると、年齢の上昇に合わせて、保険料も増加していくことになります。

自動更新の際には、告知書の提出や診断書の提出が省略されるメリットがあります。しかし、放置しておくことは問題です。定期保険の場合、満期直前に保険会社から満期を知らせる通知があります。郵送された書類を見ないままにしていると、いつの間にか自動更新されてしまう場合があります。必ず連絡をとり、確認しましょう。必要な場合には保障の見直しを行うようにしましょう。






うまく相続対策を解決するためには申告についてきっちり覚悟して臨むことです。贈与税関係の処理は贈与税の事を考えることも大切です。地主さんにとって心配な贈与に対する相続や保険については資産をたくさん持っているのなら苦労する問題でもあります。ちゃんと解決するためについて対策をしておけば何とかなるものかもしれません。-

遺産分割についてあらかじめ相続について考えておけば意外に簡単に解決したりもするでしょう。相続対策をうまく進めるには遺産分割ついてであり簡単なことだと決めつけないことです。相続税申告についてどうするかはどんな家でも悩ましいことです。相続対策における財産分けの問題は正面から向かい合うことが大切なことです。-

次を読む≫