生命保険と共済保険の違い

生命保険と共済保険にはどんな違いがあるのでしょうか

生命保険と共済保険にはどんな違いがあるのでしょうか。生命保険は、日本国内に居住していれば、基本的にだれでも加入することが出来ます。しかし、共済保険は、基本的にある特定の条件を満たした人のみの保障制度となっており、組合に所属する人や、特定の職業に就く人、特定の団体に所属する人のみ加入することができます。共済保険は、一般的に掛け金が安いといわれています。そのため節約と考えて、生命保険から共済保険に乗り換える人も多いようです。共済保険は、少ない掛け金でも保障を確保できるようにしているので、全体的に見ると保障の範囲はどうしても限られた内容になりがちです。しかし生命保険会社の保険商品は、保障内容は充実しています。

死亡保険金・入院給付金・手術給付金だけでなく、最近は先進医療給付金や抗がん剤治療給付金など、実に多くの保障内容が確保されています。もし保険の節約を考えているのなら、ファイナンシャルプランナーに相談し、保障内容と掛け金のバランスを比べてから判断してみることをお勧めいたします。 --------






ネット時代を迎えたことで保険料が安く生命保険も営業されるようになってきました。どの保険とどの保険とを組み合わせるかというやり方が広がりつつあります。ライフネット生命が生まれその安い保険も出現したのです。-

住宅ローンは大変です。住宅取得で苦労するのは住宅ローンによる人生の負担に納得できるか考えることです。ファイナンシャルプランナーなどに依頼して進めるのであれば住宅ローンがらみの複雑な問題も結構うまくいくかもしれません。金利をどう設定されるのかという不安もありいよいよ悩んでしまう問題です。住宅ローン頑張りましょう。-

次を読む≫