生命保険会社が破たんしたら

生命保険会社が破たんしたら、自分の生命保険はどうなるのでしょうか

生命保険会社が破たんしたら、自分の生命保険はどうなるのでしょうか。保険金がもらえなくなると心配されるかもしれません。日本には、生命保険の救済処置が設けられています。つまり生命保険は一定の範囲ですが守られることになります。定期保険などの掛け捨てタイプの保険であれば、保険金の額が減るパターンはありますが、比較的影響は少ないといえます。しかし、終身保険や養老保険など貯蓄性のある保険で、予定利率が高い保険の場合は大きく減額される可能性があります。生命保険会社破綻して会しまうと、当たり前ですが、生命保険契約を継続することはできなくなります。「じゃあ他の生命保険に入ろう」と考えても、年齢が上がっているため、保険料は以前よりずっと高くなっているのが一般的です。

健康状態によっては、加入できない場合もあります。そのため生命保険会社は、「生命保険契約者保護機構」という組織をつくり、生命保険契約を保護するしくみが整備されています。すべての生命保険会社がこの機構に加入しています。






自分の選択した保険の評判はどうなのか。保険の実態を調べるにあたってどんな関係の人に相談をするのでしょうか。生命保険のプランを立てるにはどんな目的の生命保険かを忘れないことです。かんぽ保険の評判を気にしますか。難しい問題なのです。-

生命保険や定期保険の設計書は比較できず分かりずらいものです。金融資産の相談をしてもらうのならその保険代理店がどんな考え方で仕事を続けている人なのか知ろうとしなくてはなりません。その上で保険の比較しネット生保も考えましょう。それが肝要です。-

次を読む≫