保険の不払いを防ぐ

生命保険に加入し、毎月安くない掛け金を支払っていても

生命保険に加入し、毎月安くない掛け金を支払っていても、いざというとき保険金が支払われなければ、生命保険は何の意味もありません。今まで払い続けてきた保険料は無駄になってしまいますし、家計には大きなダメージとなることでしょう。保険料の不払いを防ぐために注意したい点があります。保険の不払いで最も多いパターンは、保険の存在や保障内容を被保険者が知らないために、保険金が請求されないケースです。保険金は被保険者からの請求により支払われることになります。請求が無ければ支払われません。どのようなケースで保険金が支払われるのか、請求はいつまでにすべきなのか、必要書類は何なのかを理解しておく必要があります。

また掛け金が2ヶ月以上未払いとなりますと、保険契約が失効します。失効してしますと、保険金や給付金は支払われません。保険期間中は掛け金を滞納しないようにしましょう。特に掛け金を、口座引き落としで支払っている場合は要注意です。気づかないうちに失効している場合があります。 --------






 保険のテーマは、生きていくリスクをどうとらえるかということです。とても悩まして問題です。JA共済など、保険だけではありません。共済には本当にいろいろな商品があります。すべて保障内容が違うしそれは当然です。こんな変わった共済について探すは苦労します。-

保険についてのコミュニケーションをとることで必要な保険商品を悔やむことなく見つけ出すことができるようになります。生命保険は保険相談から始めましょう。良く考えるべきは保険ショップで保険相談。その見直しを落ち着いて考えて見比べて保険のことを決めましょう。生命保険を自分で決めることはカンタンにできることなどではありません。-

次を読む≫