生命保険の約款とは

生命保険に加入するということは、「生命保険会社と加入者の間で契約を結ぶ」

生命保険に加入するということは、「生命保険会社と加入者の間で契約を結ぶ」というものです。この契約を結ぶにあたり、双方が合意し、加入した保険の種類・内容・保障条件・免責事項などが事細かに書かれたものが約款です。約款に記載されていないもの、たとえば担当者の口約束などは一切保障されませんので、この約款は重要なものといえます。この約款ですが、大変細かい字で、何ページにもわたって書かれているのが一般的です。この約款を全部読んでから契約するという人は、ほとんどいないことでしょう。保険会社もこのことは察しています。そこで保険会社も「重要なお知らせ」などの別紙を作成し、約款から特に重要である部分の要旨が加入者に分かるようにしています。

約款を全部読むのは大変ですから、せめてこの別紙は読んでおきましょう。「読んでいないから知らない」「担当者に任せたから」というのは通用しません。もし理解できない部分があったら、保険会社のコールセンターに電話すれば詳しく教えてもらえます。






生命保険や医療保険の見積りは悩んでしまうことが普通です。うまく生命を選択するのは結構面倒なことです。そのサイト上での生命保険や医療保険見積りが生命保険では自由にできるようになっています。保険料見積りも便利になっています。さて損害保険会社の所得補償保険も考えてみます。大切な保険です。-

どんな家庭でも悩んでしまう生命保険選択解決策は考え込んでしまう問題です。だけれども生命保険の見直しについては単純に考えてもいいのではないでしょうか。保険代理店も変わりつつあります。保険ショップという形態が色々なところに生まれました。ほけんの窓口が人気になってきています。のぞいてみましょう。-

次を読む≫