生命保険料控除

生命保険料を支払っていると、納税時に優遇措置が受けられます

生命保険料を支払っていると、納税時に優遇措置が受けられます。このことを「生命保険控除」といいます。生命保険料控除には、「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類があります。それぞれについて払い込んだ保険料の一定額が、その年の所得から差し引かれ、所得税と住民税の負担が少なくなります。対象となる保険の範囲は、一般の生命保険料控除の場合、保険金受取人が、契約者かあるいは配偶者、その他の親族の保険の保険料です。ただし住宅ローンなどに付いている団体信用生命保険などは対象となりません。個人年金保険料控除の場合は特定の条件を満たし、「個人年金保険料税制適格特約」を付けた契約の保険料であることが条件となっています。

サラリ−マンの場合は生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を年末までに勤務先に提出してください。年末調整で控除されます。自営業者の場合は、毎年3月の所得税の確定申告の時、「生命保険料控除証明書」を確定申告書につけて控除を受けます。






保険ショップでは生命保険を意見を伝えておけば意外にいい解決をします。この生命保険コンサルの考えについていかがしますか。誰に相談しますか。このごろはショッピングセンターの一角などに保険見直し本舗が随分一般化しています。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーつまりコンサルティングしてくれる人もいます。-

万が一の時の様々なリスクを検討するのは就職した時と言う人が多いようです。人として次のステップに移るといったタイミングで必要な保障額として用意すべき金額と生命保険を意識せざるを得なくなります。保険ショップが重要だと分かります。ライフプランや人生設計を始めから勉強しましょう。保険ショップです。-

次を読む≫