生命保険と学資保険

学資保険とは、養老保険の1つです

学資保険とは、養老保険の1つです。養老保険は生命保険の1つの種類ですから、学資保険も生命保険ということになります。学資保険とは「満期までに、毎月の保険料でお子様の入学費用を積み立てましょう」というものです。満期は高校入学時、大学入学時に設定することが多いようです。非常に貯蓄性が高い保険の1つとなっており、利息は高めに設定されているのが特徴です。契約時の子どもの年齢が低いほど、保険期間が長くなります。もちろん毎月の掛け金も安くなりますので、子どもができたら加入するご家庭が多いようです。もう一つの特徴として、契約者の親が死亡した場合、毎月の掛け金が免除されます。満期に達した時点で学資金の形で支払われることが多いです。

このように説明すると、学資保険は非常にお得な生命保険のように感じますが、保障が充実しているタイプの学資保険は、掛け金に対しての満期の返戻率が100%を下回りますので注意が必要です。 --------






予見をちゃんと捨てて保険の検討をしなくてはいけません。いろいろな条件によりどの保険がいいかが当然変わってきます。保険についての問題は正面から向かい合うことが重要な注意点です。しっかりとした見積りを検討した保険を決める意思決定をしましょう。それが保険選びのキモです。「ほけんの窓口」は保険ショップです。保険相談を受け付けてくれます。-

講演会講師のことは真剣に。そのように考えて決めてすすめてみればセミナー講師選びでの講演料問題も結構うまくいくかもしれません。どんな分門分野でどんな実績があるのかと言った問題もありよく話を聞いて決める問題です。セミナーや講演会を開催するに当たりと考えないといけないのが講演会講師を選ぶのであれば脱サラ経験者はふさわしい人選です。-

次を読む≫