生命保険の解約

節約のために、現在加入中の生命保険を解約し、掛け金の安い生命保険に切り替る

節約のために、現在加入中の生命保険を解約し、掛け金の安い生命保険に切り替るのは良い選択と言えるのでしょうか。生命保険の解約、切り替えなど見直しをする場合には注意したいポイントがあります。たとえば、終身保険に加入中の方は注意が必要です。終身保険は保険の性格上、若い時期に、高齢時の保険料を先払いしている構造になっています。保険期間の最初の時期は、年齢相応の保険料より、多い金額を支払っているのです。解約すると、老後のために多い金額を払ってきた意味が消えてしまいます。若いうちに加入したので毎月の保険料が安かったのに、切り替えると、新たに年齢相応の高い保険料を支払うことになりかねません。

保険の見直しは、保険料を下げることが主な目的です。貯蓄性の高い保険、養老保険や学資保険は、真っ先に見直しの対象となると思います。しかしむやみに解約を考えるのではなく、まずは特約などを外した場合の保険料を確認してみましょう。そして「今後支払う保険料の合計」そして「満期金」を確認します。新たに契約しようと思っている保険に加入した場合の保険料、「今後支払う保険料の合計」そして「満期金」を確認し、どちらが有利か検討してからの解約をオススメします。この点は、ファイナンシャルプランナーに確認すると、詳しく教えてくれるでしょう。






生命保険の保険通販をしている会社もあります。適切な生命保険や医療保険を組み立てるのは多少悩まないといけないことですが、よく比較検討して自分向きの保険を探すことから始まります。通信販売の保険もそこまで考えれば問題ありません。案外うまくいきます。生命保険の再検討では所得保障保険が有効のようです。保険通販も検討しましょう。-

財産分けと遺言の問題はこのように考えることが大切です。相続で失敗しないようにするためにはしかし相続の問題はきっちり覚悟して臨むことです。遺産相続については資産をたくさん持っている場合の必ず問題になる出来事と言われています。この問題の解決策については考え続けていれば遺言は役立ち心配するほどではありません。-

次を読む≫